Newsお知らせ

【常時SSL】Google Chrome で警告表示されてしまう前にやっておかないといけないこと

こんにちは。
毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

弊社でも利用しているロリポップから、下記の通り、案内がありました。

Google Chrome では、7月24日にリリース予定の新バージョン「Chrome68」から SSL を導入していないページ全てに警告表示されるようになります。
どんなによいコンテンツでも、警告に気づいた閲覧者は不安になってしまいます。サイトの信頼確保のためにも、警告表示されてしまう前にサイトの常時 SSL 化を強くおすすめします!

簡単に説明すると、

「http://」から始まる Webサイトの URL を「https://」に変更しましょう。
http:// から始まる Webサイトでは「保護されていない通信」や「安全ではありません」といった警告が表示がされ、閲覧者を不安にさせます。

という事。Webサイトをお持ちの方は、ご自身の Webサイトを開き URL をご確認下さい。

ちなみに、ロリポップをご利用の方は、下記ページから簡単に設定できます。
独自 SSL 証明書(無料)のお申込み・設定方法
独自 SSL のお申込み・設定方法(無料) マニュアルはこちら

が、これだけで OK とはいかない事の方が多いと思います。

ご自身での対応が難しいという方、やってみたら Webサイトのレイアウトが崩れてしまった… という方、弊社で対応致しますので一度お問い合わせ下さい。

shares